どうしても忘れられない好きな男性とW不倫の関係になりました

どうしても忘れられない好きな男性とW不倫の関係になりました

私は36歳の既婚者で沼津市に住んでいますが、前々から夫とは別に好きな男性がいました。その相手も既婚者なのです。そのため、もしも私の思いが叶ったとしてもW不倫ということになりますし、そもそも相手が既婚者なのでこちらを振り向いてくれる保証もありませんでした。さらに、それ以前に自分は家庭を持つ人妻ですから、人妻が浮気をしてはいけないという自制心もありました。だからこそ好きという気持ちがあっても、前に踏み切れない自分がいました。相手の男性はパート先の副店長です。とても紳士的な人で、私にも優しい男性です。店長は厳しい人で私たちパートに怒鳴り散らすような人でみんなから嫌われていましたが、副店長は私も含め多くのスタッフから人気が高い人でした。

お店の飲み会でも、ほかの男性社員がパート女性を口説き回っている中、彼はそういう場所でも紳士的な態度を崩さず、そのような点でも魅力を感じていました。また、見た目も自分の好みだったのです。細いスタイルなのにじつは筋肉質だということも知っていましたし、顔もイケメンです。だから、ずっと好きでした。とはいえ、いろいろな事情があってどうにもすることができなかったのですが、ある日、私の夢の中に彼が出てきたのです。その夢の中で私は彼とデートをして、そのあとどこかの場所でディープキスをかわしながら、最後には抱かれていました。その夢が結果的に私を後押ししてくれたんです。

夢に出てくることは自分が願っている内容だと聞いたことがあったので、そこまで彼のことを求めているならば、当たって砕けてもいいので、1度は当たってみるべきだと考えたのです。満足いく答えがもらえなくても、ここまで思っている相手ならば、その思いだけは伝えておくべきだと思ったのです。そのため、その数週間後に彼に思いを打ち明けました。彼はとても戸惑っていました。おそらく性格が真面目な彼なので、お互いに既婚者という状況の中での告白に戸惑ったのだと思います。しかし、答えは保留にさせてほしいと言われたのです。

私は彼のリアクションを見て断られるとばかり思っていたのですが、保留という答えに驚きました。同時に「もしかしたら」という思いも沸いてきて、ドキドキしてしまいました。そのあとはお店で何度も顔を合わせながらも、彼からの答えはもらえない日々が続きました。こちらから答えを聞きたい気持ちは山々でしたが、彼からの答えを待とうと決めていたので、耐えました。そして、告白してから1か月ほどが過ぎたときに彼から呼び出され、そこで答えを聞きました。彼の答えはやはり付き合うことはできないというものでした。

私は「だったらどうして、もっと早く答えを言ってくれなかったのか」と聞いてみました。最初から断るつもりだったら、こんなに待たせる必要はなかったと思ったからです。すると彼は悩みながらも本音を言ってくれました。彼はやはり不倫という関係はダメだと思ったのですが、私から告白をされたあと、私に興味を持つようになり、尚且つ魅力も感じてくれたようです。そのため、私と不倫はしたくないものの、私の身体には興味を持っていたと打ち明けてくれたのです。

彼はとても恥ずかしそうにその思いを伝えてくれたのですが、私は自分が見ていた夢の話をしました。私も彼のことが好きでしたが、同時に彼に抱かれることを夢に見てしまうほどでしたから、身体への興味がなかったわけではありません。むしろ、私も相当な興味がそこにあったのです。なので、私は不倫ではなく、セフレという関係を提案しました。さすがにセフレという言葉は使いませんでしたが、要は肉体だけの関係ではどうかと聞いたのです。

彼はそれにも悩んでいたようでしたが、お互いに嫌でないからということで最終的には同意してくれました。そのため、そこから私たちの関係は始まりました。私が彼のことを好きな気持ちは今もありますが、お互いに身体だけを求め合う関係になっています。彼も最初は身体だけの関係に遠慮していたようでしたが、今ではそういうこともなくなって、激しく求めてきます。私がお店に出たときには、ほぼ毎回誘われるような状況です。私も彼と過ごす時間はとても幸せなので、それに応じています。夫にはバレていませんので、今後も遊んでいきたいと考えています。彼に抱かれていると幸せを感じられる上、自分が大胆にもなれるので今は楽しくて仕方ありません。

静岡県のセフレ情報を確認する→

地域別体験談

Copyright © 2011-2017 セフレ募集 All Rights Reserved.