ナンパして頑張って口説いてもダメな時はダメで、成功したらセフレにすれば良いのです

ナンパして頑張って口説いてもダメな時はダメで、成功したらセフレにすれば良いのです

僕は随分と前から路上やクラブで女の子をナンパして、そのままセフレにするという形でパートナーを作って遊んでいます。僕は札幌市に住む25歳なんですが、真剣な付き合いには面倒臭さしか感じないので、遊び目的でしか女性を口説きません。それでも相手を常にキープし続ける自信がありますし、実際常にセフレがいる状態が続いているのでこの遊びはやめられません。相手のタイプはそのときの気分で変えていますが、最近のマイブームは真面目なタイプの女性です。

見た目からしていかにもエロい感じの女も好きなんですが、そういう女の子は余裕で落とせてしまいます。最初のころはそれでも満足していましたが、いろいろな女の子との経験を積み重ねていくと、いかにもエロい女だけでは満足できなくなってきたんです。だから、ギャップを味わいたくて真面目な感じの子を狙っています。

見た目からはセックスとかエロなんていうワードはまったく連想できない感じなのに、口の奥まで頬張るようにフェラしたりとか、そういう姿を見ているのがたまらないんです。もちろん、この手のタイプを落とすためにはそれなりの苦労もあるんですが、そういう経緯も含めて楽しめています。ただ、このタイプはどんなに頑張って口説き落としてもダメな場合もあります。頑張って口説いたのに最終的にはしつこいナンパにキレられることもあります。

最初のころはそれにもムカついていましたが、今じゃ余裕で受け流せるようになりました。そんなこともあって、最近はこのタイプばかりを狙っていますが、先日も路上で27歳の真面目なメガネ美人を捕まえて、今じゃセフレに育て上げることに成功しています。

この子は僕が1番好きなタイプで、見た目はいかにも真面目な女性なんですが、内面はめちゃくちゃエロい子でした。そのため、ナンパしたときも最初はスルーする雰囲気があったんですが、冗談なんかを言いながら話していたら笑ってくれたんです。そして、最終的にはホテル直行にOKしてくれたんです。そこで彼女が見た目とは裏腹にめちゃくちゃエロい女だとわかったわけです。

理想的なギャップを持つ美人だったので、僕もかなりテンションが上がってしまい、1度目のセックスを終えたあと、彼女に生でエッチしたいと言ったんです。でも、それは失敗でした。さすがに彼女も怒ってしまったのです。さらに彼女は帰るとまで言い出しました。慌てて謝罪してなんとか帰るのはとどまってもらい、なんとか2度目のエッチにありつけました。

そんな失敗もあったので、その後はセフレにしていくのは難しいかなって思ったんですが、彼女と僕は身体の相性も良かったのと、そのあとの僕は必死にフォローしたこともあって、無事にセフレとしての関係を持てています。そして、この子はこの子でキープしつつも、ほかにも女性大生やOL、さらにはギャル系のフリーターとかにも手を出しています。ギャップがある感じの子もいいんですが、とにかく手っ取り早く新しい女とセックスしたいときには、ギャルとかは最適です。

もちろん、ギャルなら誰でもやらせてくれるわけじゃないんですが、たいていの場合は面倒な駆け引きとかなしにホテルへ直行できますので、スムーズなタイプと言えるんじゃないでしょうか。ただし、スムーズにやらせてくれる子はやはり飽きるのも早いものです。口説き落とすのに苦労した子ほど飽きないので、すぐさまやらせてくれるギャルの場合、5回か6回ほど会ったら飽きてしまっています。

そのため、賞味期限としては短めですが、真面目な感じの子がうまく捕まえられない場合とかには、とりあえずのセックス相手として重宝する存在になっています。市内のクラブに足を運べばいくらでも見つかりますし、年齢層も若いので後先考えずにすぐに身体を許してくれるので助かっています。中には避妊なしでOKという子もいるんですが、僕はギャル系の場合には避妊は確実にしています。

誰にでも身体を許すような子と生でしたらいろいろと怖いので、たしかに生の気持ち良さはわかっていますが、それだけはやめるようにしています。真面目系の子の場合には生でOKという子なら、遠慮なく生でさせてもらっています。そのあたりのルールだけは自分に課していますが、やはりそういうふうに自分を守っていかないと、病気とかを背負ってしまって、そのあとしばらくはセックスを楽しめなくなるので気をつけてます。

北海道のセフレ情報を確認する→

地域別体験談

Copyright © 2011-2017 セフレ募集 All Rights Reserved.